ビバ!速読教室

こんなページもあります!

速読とは

難関大学合格者のほとんどが一般の方の2~3倍の読書速度。速読と学習の関係性とは?

速読は「斜め読み」や「飛ばし読み」ではない

速読とは、『斜め読み』や『飛ばし読み』といった概略把握的な読み方とは違います。
内容の理解度や記憶力はこれまで通りで、読書速度だけを引き上げます。
もし、速読を身につければ、同じ時間でこれまでの数倍の量の読書や学習ができるようになります。

偏差値と読書量は比例する

il_001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上図は、当協会の速読を導入している成基学園様の受験生を対象に、「読書速度上位者10人」と「読書速度平均者10人」の偏差値を比較したデータです。

データから分かる通り、読書速度の速い生徒の方が偏差値も高く、難関中学・高校に進学している事が分かります。
実際に東大や京大などの難関大学合格者の読書速度を調べてみると1200文字/分~1500文字/分(通常の2~3倍)という数値が出ました。
「難関大合格者の全員が速読講座を受講している」というわけではありませんが、読書速度が記憶や試験の解答などに大きく影響しているという事を表しています。

あなたは今、どんな風に文章を読んでいますか?

この文章を読んでいるあなたは今、1字1字頭の中で文字を「なぞり読み」していませんか?
速読はまず従来からの読み方の概念を払拭する必要があります。

tx_030

 

 

 

 

①読書=音読・黙読

通常私たちは、一文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」や、発音したり、
頭の中で音声化して読む「音読・黙読」を行っています。
本来、私たちは音読・黙読しなくても本の内容を理解することができます。

ではなぜ、私たちは音読・黙読しているのでしょうか?
それは学校教育では「音読」を中心としているからです。
この学校教育で習慣化された「音読」の概念を取り外していくことが速読の第一段階になります。

②速読=視読

速読は文章をかたまりで視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。
簡単な視読は、日常生活で看板を見るときなど、誰もが行っています。
トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語のような簡単なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へと移行させます。

2つの「読む」を攻略する

速読をより効率的にマスターするためには、2種類の「読む」について理解していただくことが必要です。

tx_028

 

 

tx_029

 

 

 

 

この2つの「読む」を理解・攻略する事で、状況に応じた効率的な速読が実践できます。
当協会ではこの2つの「読む」をしっかりトレーニングしていきます。